私は今20代後半で専業主婦をしていて20代前半の時お金を借りた事があります、今日はその時の心境とお金を借りる前と後で感じた事をお話しします。
お金を借りる状況を作ったのは母親でした、実は母親はお金にルーズなのです。
特に私が働き始めてからはお金を貸してとせがむばかりで一向に返してないのでお金を貸す事はしなくなりましたしこんな母に嫌になり一人暮らしを始めようと思い準備をしていました、不動産会社と契約を済ませ後は初期費用を払うだけになりました。
その日家に帰ると私の部屋が物色された感じがして部屋の中を見て見ると貯金とは別の口座のカードと通帳がありません、母に聞くと知らないと言ってましたが後日その口座からお金が全部無くなっていました...犯人は母で証拠に私の通帳とカードがキッチンのゴミ箱から出てました。
初期費用に充てようと思っていたお金も使われてしまったし給料が振り込まれる口座には数万円しか入っていないので、ここで初めて消費者金融で借金する事を決意しました。
消費者金融のて怖いとか返済日を過ぎると悪質な取り立てのイメージがありましたが友人に聞いて評判の良いアイフルでお金を借りる事にしました。
インターネットから申し込みし電話で細かい事を聞かれ30分くらいでお金を借りれる事が決定しました。
後は正式に書面で契約をし後日カードを会社当てに送ってもらいました。
無事に不動産へ初期費用を渡し後はお金を返しながら引越をするだけです、引越業者を頼むお金が無かったので友人数人とトラックをレンタルしてきて母がパチンコへ行っている隙に引越しました。
アイフルでお金を借りた後の心境としては非常に助かったと思う反面借り過ぎに注意しなければいけないと思いました。
引越を済ませた後給料の余った部分は出来るだけ返済しお金を借りてから半年後に全額を返済し終わりましたし母とは二度と会っていません。
貸してくれたアイフルもご丁寧な対応をしてくれて今回は安心してお金を借りれました。

収入証明書不要カードローン

プロミスについてのうんちく

ロミスと言う意味は約束と言う意味だそうです。借りた金額に対しての利子を入れての返済を行なうと言う約束と言う意味でしょうか?勿論お金を借りた人は、当然利子をいれた分の支払いをする必要が有ります。一時利子に対しての比率等が取り上げられ、余りにも多重債務等による自己破産や民事再生の手続きが多くなり、貸金業者に対する法が改正されました。昔は個人情報のみを基準として、借入件数や借入金額に応じた金額を貸す業者も有りました。今は昔と違い貸すほうも一定の規制に基づいてお金を貸すようになり、多重債務をする人も減ってきていると思います。良くテレビなどでもコマーシャルを活用して顧客を増野草としているイメージをプロミスの宣伝で見かけます。キャッシングをする際には自己の考えや支払い能力を下に返済が滞るような金額を借りる事はしない事が懸命だと思います。何よりも生活の安定を基準にして無理の無い生活を送れる様にして行きたいものです。

現在、金利の高いところから借り入れをしていたり、複数のところからの借り入れがあり
月々の返済が大変という方もいらっしゃると思います。
そこでそういった場合には、金利の低い消費者金融で借り換えをするといった方法
がおすすめと言えます。
金利の低い消費者金融で借り換えをするメリットとしては、現在の金利よりも低い金利で
借り入れが出来ることにより、トータルでの返済額を少なくすることが
出来るという点が挙げられます。
あとは、複数の借り入れ先があり、毎月の返済日がそれぞれ違っているような場合
うっかり返済日を忘れてしまったりする場合があります。
しかし、金利の低い消費者金融ひとつにまとめることが
出来ることから毎月の返済日が1日のみとなるので忘れる心配が無くなり
ひと月の返済額も少なくすることが出来るという点も大きなメリットと言えます。
このように、金利の低い消費者金融で借り換えするメリットはたくさんありますので
返済で悩んでいる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

お金借りる方法は色々あります。
親や身内から借りる方法や、
友人や会社の同僚など。
しかし家や車を買うなど、高額商品を買う場合には、
とても親や身内から借りるわけにもいきません。
あまりにも高額すぎます。
銀行からお金を借りるメリットは、
目的に合わせた用途のローンが用意されていることです。
住宅ローンやマイカーローンなど、
利用目的に合わせて選べることができます。
お金を借りる場合には目的ローンやフリーローンなど、
自由に用途が決めることの出来るローンも多く有ります。
銀行からお金を借りるには、
当然審査があります。
銀行の住宅ローンなどはキャッシングやカードローンと比べて審査が厳しいと感じている人が多いかも知れません。
融資額が多くなると、銀行も商売です。リスクを避けるためにも、
審査に時間がかかったり書類や手続きが難しい場合が多くあります。
しかし最近では、銀行がキャッシングやフリーローンなど、
消費者金融分野への参入が増えてきました。
カードローンやキャッシングは手続きや審査が簡単で、融資が早いです。
急にお金が要るときに、
審査が早くて、すぐに融資ができるカードローンやキャッシングは早くて便利です。

専業主婦がカードローンの複数申込は可能か検証しました。

バレずに借入したいなら?

お金が必要だけど、「家族にバレてしまうと・・・」と心配している方が多くなります。

たしかに誤った申込方法をしてしまうと、家族にバレることは避けられませんが、内緒で申込みをすることは不可能ではありません。

誰にもバレずに借入したいときは、

 1.インターネット申込み
 2.カードは自分から受取り
 3.毎月の返済をしっかりと

という点に注意するようにします。


■バレずに借入するには「インターネット」からの申込み

だれにもバレずに借入するには、郵送物を何とかしなくてはなりません。

郵送物が家族にばれてしまうと、カードローンに申込んだことが簡単にばれてしまいます。

そのため、郵送や電話・ファックスによる申込みではなく、書類の発生しない「インターネット申込み」を選ばないといけません。


■バレたくないならカードは自分から取りに行く!

家族にばれるのが困るなら、発行されたカードが郵送されるのを待っていてはいけません。

自宅にローン会社からの郵送物でバレてしまいますので、カードは自分から受け取りに行くようにします。

自動契約機のあるカードローン会社なら、そこでカード発行が受けられますので、インターネット申込後、自動契約機でカードを受取るようにすれば、だれにもバレずに借入が可能になります。

また、カードローン会社のすべてに自動契約機が用意されているわけではありませんので、消費者金融やバンクイック、新生銀行レイクなどを選ぶようにしてください。


■利用中もバレたくないなら返済は確実に!

利用中に家族にバレてしまうことがあるとすれば、それは、延滞してしまったときです。

カードローンの延滞をしてしまうと、自分の携帯電話に連絡が入りますが、そこで連絡が取れないと、自宅宛に請求書が郵送されます。

郵送物が届いてしまうとバレてしまいますので、毎月の返済は確実にこなすようにしましょう。

なお、どうしても返済に間に合わないときは、自分から遅れることの連絡を入れることで、郵送物をストップさせることができます。