初めてお金を借りたけど思い描いていたイメージと違いました

私は今20代後半で専業主婦をしていて20代前半の時お金を借りた事があります、今日はその時の心境とお金を借りる前と後で感じた事をお話しします。
お金を借りる状況を作ったのは母親でした、実は母親はお金にルーズなのです。
特に私が働き始めてからはお金を貸してとせがむばかりで一向に返してないのでお金を貸す事はしなくなりましたしこんな母に嫌になり一人暮らしを始めようと思い準備をしていました、不動産会社と契約を済ませ後は初期費用を払うだけになりました。
その日家に帰ると私の部屋が物色された感じがして部屋の中を見て見ると貯金とは別の口座のカードと通帳がありません、母に聞くと知らないと言ってましたが後日その口座からお金が全部無くなっていました...犯人は母で証拠に私の通帳とカードがキッチンのゴミ箱から出てました。
初期費用に充てようと思っていたお金も使われてしまったし給料が振り込まれる口座には数万円しか入っていないので、ここで初めて消費者金融で借金する事を決意しました。
消費者金融のて怖いとか返済日を過ぎると悪質な取り立てのイメージがありましたが友人に聞いて評判の良いアイフルでお金を借りる事にしました。
インターネットから申し込みし電話で細かい事を聞かれ30分くらいでお金を借りれる事が決定しました。
後は正式に書面で契約をし後日カードを会社当てに送ってもらいました。
無事に不動産へ初期費用を渡し後はお金を返しながら引越をするだけです、引越業者を頼むお金が無かったので友人数人とトラックをレンタルしてきて母がパチンコへ行っている隙に引越しました。
アイフルでお金を借りた後の心境としては非常に助かったと思う反面借り過ぎに注意しなければいけないと思いました。
引越を済ませた後給料の余った部分は出来るだけ返済しお金を借りてから半年後に全額を返済し終わりましたし母とは二度と会っていません。
貸してくれたアイフルもご丁寧な対応をしてくれて今回は安心してお金を借りれました。

収入証明書不要カードローン

このブログ記事について

このページは、pjが2014年10月15日 10:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロミスについてのうんちく」です。

次のブログ記事は「多くのコンビニで手数料無料、実は大きなメリットです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。